半熟ドクターのジャズブログ

流浪のセッショントロンボニストが日々感じたこと

緒言 このサイトをはじめるにあたって:

自己紹介:

 私は草トロンボニストです。

 トロンボーンを始めたのは中学校の時。その後大学では軽音と名の付いたジャズ研的なクラブに入りました。
 ちょっとだけビッグバンドをした後、コンボとかやってました。

 今は本業は別にありまして、時々セッションに行ったりバンド組んだりして音楽活動をしています。
 一言でいうと、日曜音楽家

 こんな私ですが、ジャズに関するいろんなことを偉そうにウェブ上に書いてます。
 ええと、見て気分が悪くなる人がいたら、ごめんなさい。先に謝ります。

きっかけ

 ただ、僕がこんなのを書いているきっかけだけ書いておこうと思います。

 ジャズに関する言説はいろいろなものがあります。
 が、言葉の世界において、プレーヤーの側とリスナーの側にはどうも乖離があると思うんですよね。

 ジャズのリスナーサイド、つまり消費の受け手の側には、確固とした文化があります。
 これはジャズに限ったことではありませんが、文芸評論として営々と築かれてきた歴史があるわけです。

 ジャズは今でこそ文化の最先端からは脱落していますが、20世紀後半には最先端の芸術物として、例えばシュールレアリズムなどと同列に論じられる「エッジの利いた」カルチャーでした。

 残念な事にそういうムーブメントはウェブが発達するはるか以前に終息してしまいました。
 ネット上でジャズを現在進行形で論じているページはあまりみられません。
 それでも、往時の熱さを伝える幾つかのサイトでは、良質の言説の存在を知ることができます。

 一方、プレーヤーサイドにも、一つの文化があるんです。
 例えば大学のジャズ研のようなもの。
 「学バン」と俗称される学生ビッグバンド。
 地方の草の根ジャズプレーヤーコミュニティー*1
 大都市圏の限りなくアマとプロの間のプレイヤー達。
少なからぬ数の人間が、「ジャズ」なる音楽に取り組み、少なからぬ時間を費やしています。

 しかし、ウェブ上において、プレーヤー側から発信された言辞に出会うことはあまりありません。
 勿論無いわけではないですが、音楽人口から予想される割に、読み応えのあるサイトに出会う頻度は非常に少ない。

* * *
 どこの大学でも構いません。ジャズ研とか、そういうところのHPを見れください。
 殆どのサイトはメンバー紹介、曲の紹介、イベントレポート、ライブ予定とか、そういう情報を提示する場としてしか機能していない。
 口さがなく言えば、「立て看ウェブサイト」に過ぎない。
 しかも毎年ご丁寧に一から作り直されたりします。

 立て看の本質として、もちろんそこにはじっくり語られる言葉はありません。
 言葉の蓄積もありません。
 ジャズ研などにリンクされている個人のHPをみても、状況は大して変わりません。

 「文芸」としての矜持を持ったサイトに出会うことは、あまりにも少ない。

 従って、アマチュア・プロ問わず、奏者の側から語られる言葉は、あまりにも少なく、しかもリスナー側から提示される文に比べて、言葉足らずの傾向があります。

 プレーヤーは語りません。

プレーヤーは語らない

 一体なぜなのか。

 確かにジャズ喫茶に巣くうマニアに比べると、プレーヤーは些か屈託にかけるきらいはあります。
 しかしプレーヤーに知性が欠けているわけではない。
 ジャズは知性を前提としなければ演奏出来ないような類の音楽で、むしろジャズの場合、少々知が立ちすぎて、音楽として可能性を狭めているかもしれないくらいです。

 僕は、プレーヤー側の知性は、ウェブなどには表出しにくい類の性質なのではないかと思っています。

 一つには、言葉を紡ぐことはプレーヤーにとって必須の能力ではないから。
 ゆえに、奏者としての資質と言葉の豊穣さは必ずしも相関しません。*2

 また、これも僕の勝手な想像ですが、おそらくプレーヤーは演奏が表現手段であり、演奏ですっきりしてしまうと言葉で自分を表現する必要がないからではないかとも思ってます。プレーヤーというのは、音で表現してなんぼという類の人種ですからね。

 ジャック・ニクラウスの逸話というのもありますが、行動でアウトプットするべき人間は、言葉によるアウトプットにリソースを割いてはいけないというのもあるかもしれません。

 ニクラウスは全盛期にゴルフの理論に関する本を著しました。
 それは、今ニクラウスがどのようなことを考えてゴルフをしているかというのを良く伝える事が出来る、優れた教則本だったのですが、その本を書いた後の一年間、ニクラウスはもの凄いスランプに陥ってしまったと言われます。

 つまりは、自分のフィーリングを言葉という完全に等価ではないものに翻訳した弊害が表れた、ということです。
 これをジャズプレーヤーの立場に置き換えてみると、やはり同じ力学が作用しているのではないかと思うわけです。

 しかしその結果、ジャズ評論なんかは完全にリスナーサイドに牛耳られているといった現状がある。でも、プレーヤーとしての立場に立って初めて言えることもあるのだと思いませんか。

 実際に演奏もしないジャズ評論家の繰り出す巧緻な言説というものに対して、そりゃ違うんじゃねえかなあと違和感を感じることが時にあります。
 ステージの上から、初めて見えてくる景色もある。
 
 自分は奏者としても、文章の書き手としても二流の存在ですが、多分、某ジャズ評論家よりはトロンボーンうまいです。
 一応東京の主要なセッション場に出ていって参加もします。
 箸にも棒にもかからない演奏はしません。アマチュアの立場の中ではそれなり語ってもいいと思っています。
 それにトロンボーンで食べているわけではないので、言葉でアウトプットして、その結果音に迷いが生じるというデメリットもない。

 その立場から書けることはなにがしかあるだろうし、自分が些かでもブロゴスフィアに貢献出来るとしたら、そういう部分ではないかと思っています。

 それが、このジャズコーナーを臆せず書いている主な理由です。

(2005年に書いたことを 2018改稿)

*1:これは全国にありますね

*2:たとえばジャズ出身の文芸表現者として菊地成孔がいます。非常におもしろい文章を書く一方、ジャズ・ミュージシャンのマジョリティからは無視される氏のスタイルというのが、状況を端的に表しているように思われます。