半熟ドクターのジャズブログ

流浪のセッショントロンボニストが日々感じたこと

ジャズトロンボーンって…

骨折してしまいました。一年に二度目で、全くツキがありまへん。交通事故で、肋骨を六本。

 入院中です。

 治ってもしばらく楽器は吹けないかなあ…

 というわけで本を濫読していました。

 以前にも読んだことがある 村上春樹アフターダーク

アフターダーク

アフターダーク

(>その時の感想はこちら

 http://d.hatena.ne.jp/hanjukudoctor/20061108

 ていうか、もう5年くらい経つんだね…講談社文庫のカバーがつるつるになってまだそんなに間が経たないと思っていたけど…)

 コンボ・トロンボニストは是非これ読まなあかん。

 おまいらのようなんが登場人物に表れる本なんて、そうそうないんやで!

 登場人物のトロンボーン男子が言うとおりで、ジャズ研にいたころはともかく、世間に出てみると「トロンボーン」という楽器の認知度は、愕然とするくらい低いんですよねー。

 もう「谷啓の吹いてたあれですよ」っても谷啓トロンボーン吹いてる姿、若い子しらないし。下手したら谷啓自体しらんやつもおる。

 しかし、Sonny Moon for twoの、いい感じなトロンボーンソロというのは、まーわかるけど、リアリティありすぎていやだなあ。例えばAll the thingsで泣かせるソロを吹くとか、だったらいいのにとか思うけど、大学生でそんなん、プロに行くレベルだよねー、とか思う。